月別アーカイブ: 2019年7月

③ 特選 中古車 パナソニック チタンフレーム

メイドインジャパンにこだわるパナソニックのチタンバイクです。フレームがチタン合金で出来ています フレーム自体は古いものですがチタンは腐食しずらいので耐久性はNo1です サイズは52なので170センチ前後の方に合うのではないでしょうか

11速の105とアルテグラのミックスで組んであります 傷らしい傷はありません!

乗り味とてもしなやか サイクリングには最高の相棒ではないでしょうか

価格は148000円(税抜き)渋いチタンカラーで目立ち度抜群ですがご検討いただけますか!

② 特選中古車 ロードバイク スコット DI2 フルカーボン

特選中古車の②は2014年スコットCR-1プレミアム フルカーボン アルテグラDI2仕様です。サイズは52となり170センチ前後から175センチ位の方に合うサイズです。

外観もすごくきれいです

マッドな塗装がクール!

価格は204000円(税抜き)!アルミバイクからのステップアップに如何でしょうか!

① 中古 ロードバイク ラピエール フルカーボン

今年も自転車シーズン始まったと思ったらあっという間に7月になりもう半月もしたら8月という今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょう

しばらくご無沙汰しておりました特選中古車のコーナーです ①番目はフランスのラピエール EFI 400CP です サイズ52ですので175センチ前後の方に合うと思います。当時の定価は492000円!更にハンドルシートポストはDEDAにグレードUP ホイールもマビックにグレードUP総額60万は超えています。

外観もピカピカなFDJカラーが鮮やかな1台です!

こに唯一のキズがあります。表面のクリアーと塗装の一部がはがれているのが残念ですが音検査でも内部のカーボン層は無事でした。

価格は213000円(税抜き)でご検討いただけませんか!

 

2019 ニセコクラシック 観戦

今年もやって来ました ニセコに 朝ではありません 夜の 7時くらいです

前泊でペンションに泊まります 明日に備えて早く寝るつもりが 楽しくてやや遅くなりましたが何とかなるか

当日は140キロのスタート地点に向かいます

お約束のサポートカーに救護車

山崎さん 浅里さん トカちゃん マコっちゃん 川崎さんの5人が出走します ストラバデーターで予想しているタイムは4時間-4時間10分位でゴールするハズ!

皆さん頑張って下さ~い

140キロがスタートしてから70キロのスタート地点に移動します こちらはやや和やかな感じ

寺下さん 斉藤さん クニまっさん マッサ マサヒロが出走します 事前情報ではマッサの仕上がりヤバいそうで ストラバデーターでの予想タイムは2時間-2時間10分!出るか1桁リザルト!

太鼓の応援でスタートします 皆さん健闘を願います!

140キロコースの約半分の地点でのタイムチェックです 浅里さんが来ました 先頭から7分遅れで 3番目くらいの集団に入っています

川崎さんです 先頭から9分遅れです 40人位の集団の一番後ろです

2人で仲良く 山崎さんとトカちゃんが来ました 山崎さんカメラ意識してます 先頭から15分遅れです 何分か待ったんですがマコっちゃんが来ない!70キロのコースに移動しなければならないのでここは見切ります

マッサが来ました これはだいぶ遅れてます 先頭から11分遅れ

クニまっさんです マッサとほぼ同じタイムで通過です

寺下さんもほぼ同じくらい先頭から11分遅れです 斉藤さんとマサヒロが来ませんが交通規制が入るのでゴール地点に向かいます

マッサが来ました 2時間21分23 先頭から23分遅れです 途中でリアのスポーク切れてホイール交換したそうです!残念!

クニまっさんです  2時間26分22 先頭から28分遅れです 淡々と走りました

140キロクラスの川崎さんが来ました  4時間2分41 先頭から27分遅れです 隣のラファの人とずっと一緒に走ったそうです

浅里さんが来ました  4時間6分02 先頭から31分遅れです かなりの疲労感です

寺下さんが来ました  2時間43分57 先頭から45分遅れです 事前情報では足の手術をして痛くて全然走れなかったとのでしたが完走お見事です!敢闘賞!

マコっちゃんが来ました  4時間29分46 先頭から54分遅れです 中間地点では来ないのでどうなったのか心配していましたが ストラバ見るとこんな感じでした

パノラマラインでは浅里さんが先行し川崎さんトカちゃん山崎さん マコっちゃんは山崎さんとは7分遅れています

新見峠で山崎さんとトカちゃんに追いついて 川崎さんも浅里さんに追いついて

トカちゃんが足攣って大分遅れました こういう感じだったんですね

山崎さんが来ました 4時間40分46 先頭から65分遅れです お疲れ様です

斉藤さんが来ました 3時間12分42 先頭から67分遅れです 練習不足でも完走するところはさすがです!

マサヒロが来ました 3時間13分19 先頭から68分遅れです 山岳の前に足攣って全然ダメだったそうです 練習するしかないわ

トカちゃんが来ました 足攣ったのは初めての事らしいですがそれだけ追い込んだと云う事で次回がんばりましょう!

参加者10名全員完走しました 背中は汗が乾いて白くなっています

今回は残念ながらSCC賞はなし ですがアラフィフ賞で山崎さん!また来年も140キロ挑戦して記録更新してください!

皆で記念撮影 来年もまた来ますよ~ 最近朝練に参加している速水さんが出ているはずなんですが見つけられませんでした また今度朝練参加してください

番外編

140キロの開会式で関係者の方のスピーチがあったんですが最初150人で始めた大会が今回は1500人になったそうです 140キロの過去のOPEN男子の優勝タイム見たんですが2014年が4時間2分 2015年4時間11分 2016年3時間56分 2017年3時間38分 2018年3時間35分 2019年3時間35分と2017年に本州の強豪選手が参加し始めてからすごいタイムになっています  北海道勢は上位に入るのはすごく難しいですが 何とかしたいと

いつもお世話になっている小橋君です ニセコクラシックでは表彰台を狙う!と一生懸命頑張っていたんですがもう一歩届きませんでした 3時間41分54秒でクラス10位です レースはどんなアクシデントがあるか予想できませんからね リベンジ期待しています!因みにマサヒロは小橋君に2回抜かされたそうです(笑)

 

 

 

 

 

サーベロ S5 S3 2020年モデル 

今年に入りあるきっかけからサーベロを扱いだしてフレームセットで5台も組み上げたという事で2020年モデルの先行予約会に行ってきました

今回の目玉は会場で知ったんですが このハンドルの上にある二つの穴が

こういうDHバーを取り付けることが出来るんです!ガーミンのマウントも付属します

S5専用のアタッチメントでバーは付属していませんがこれってスゴイですよ

本格的なTTバイクは一般的なロードレースの大会には使用できないんですが

これだとバーを付けたり外したりしたら両方使えてしまうんです これってある意味経済的かと?

値段みると158万円+消費税 2台用意するよりはやや経済的か!

 

サーベロS5の特徴はエアロ効果の高いフレームとハンドル、ステムですがそのステムについてこの奇抜な形状だとフィッティングはどうなるの?大丈夫ですか?

大丈夫なんです 高さはステムとフレームの間にスペーサーを積み重ねていく事で調整が出来て ステムは80mm~120mmまで用意されていて一般的なステムに置き換えると6°になりハンドル幅も380mm~420mmまであり リーチ80mmのドロップ128mmになります 更に別途用意されているアダプターを使えば一般的なステムも取り付けできるので まずは一般的なステムを使い ポジションを決めてから 専用品のサイズに取り換えると云う事になります 完成車では最初からセットされているハンドルとステムは交換してもらえないのでフレームセットのみサイズ変更が可能になります 因みに別途購入する場合はステム48600円でハンドルは64800円になります

こちらはS3になります 前作と比べてハンドルとステムが大きく変わっています

ワイヤーはフル内装でエアロ効果を高めています これもDI2と油圧のディスクの組み合わせがベストですね

*2018年モデルの特価車ありますのでお問い合わせください